--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-07(Thu)

学校の階段8巻の感想レビュー(ライトノベル)

・ファミ通文庫の学校の階段8巻読み終わりましたので感想など。
巻数を伸ばす度に人気度が上がっているのか、近所のTSUTAYAで初日から売り切れとかで困りましたが、遠い方のTSUTAYAでなんとかゲットして参りました。
読む前から駆けずり回されるとは、さすが階段部!と言わざるを得ませんね三 (/ ^^)/。

冗談はともかく、最近の巻で引っ張って来た波佐間に関する過去や謎が一気にクローズアップされる大事なお話です。
勘の良い人なら、冒頭部分で色々推理できるかも。

対決の舞台は、いつもの天栗浜高校ではなく、羽佐間の通う山上桔梗院学園なので、階段部にとってみれば初アウェー戦となる訳ですね。
走り慣れた校舎から敵地での対抗戦へ…となれば、やはり天才ラインメーカーの彼に期待しなくちゃいけませんね。
缶バッチ対羽佐間は勿論のこと、合わせて3連戦のこの学校対抗階段レースに目が離せませんよ~。

特に今回は抜きつ抜かれつといったレース内での攻防の様子がいつも以上に細かく書かれており、陸上競技さながらの手に汗握る描写がスゴいです。自分も一緒に走っているような気分になれますよ~。

今後の伏線としては、三年生ズの卒業と、次期部長などの話題もこっそり書かれていて、先の気になる展開になっております。

気になると言えば、本人はあまり気づいていないところで缶バッチラブな乙女達の動向にも目が離せません。
パーティーなんかもあったりで、親密度アップかも!

そして階段と言えば筋肉!という位、毎回テンション高く笑わせてくれる筋肉パートですが、今回はかなり出し惜しみ気味です。
というか、ひょっとしてシリアスメインで出番無しか~と思った程です。
でも筋肉はいつも裏切りません(^O^)。
今まででのシリーズでも一番おいしいタイミングで出て来るので、是非読んでいただきたいです。
待ってたよ!待ちわびていたんだよ!その筋肉!!みたいな感じですよ~。

とまあ、そんなこんなでオススメしてきた学校の階段8巻ですが、以下は余談です。
個人的には扉絵の泉先輩が超可愛くてイチ押しです。
しかも単なるイメージじゃなくて、劇中のワンシーンだったりするので心憎い!
いやホント、泉先輩が居てくれるなら1人でも階段部設立する所やっちゅ~ね~ん(関西風)。
他の女の子キャラ達がそれぞれ意中の男キャラがいるっぽい中で、唯一フリーっぽいところが良いですね。
ツンデレじゃないお嬢様最高ー!みたいな感じ。(ツンデレお嬢様も最高です。)

とにかく、ラノベと言えば青春時代!という方には特にオススメな一冊です。
今すぐ書店にダッシュ!でも階段や公共の道路では周りに注意してくださいね~。
三 (/ ^^)/
スポンサーサイト
プロフィール

gurimoe

Author:gurimoe
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。