--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-08(Fri)

シーキューブ1巻の感想レビュー(ライトノベル)

・ライトノベルを買うときの判断材料に表紙の絵を挙げる、というかむしろ表紙の絵に惹かれて衝動買いをする方も多いと思うわけですが、gurimoeもそんな軽い気持ちでこのシリーズに手を出した訳です。
というか、『カワイイは正義!』なので、ほとんどのラブコメ系ラノベはストライクゾーンな訳ですが(^_^;)

で、普通にラブラブな感じになるかと思いきや、ヒロインのフィアは呪いのアイテムの化身という設定にまず驚かされました。
携帯やら冷蔵庫、あるいは電車や戦闘機なんかの擬人化は割とメジャーどころですが、呪いのアイテムっていう発想は斬新ですね。
かつ、それぞれの血塗られた、悲惨な過去がストーリーやキャラクター設定に生かされているのも読み物としてポイントが高いです。
呪いを解くために居候として同居などのお約束も押さえながら、ドッキリハプニング~!って当たりはラブコメの王道ですね。
で、逆に敵対する組織との戦いではドリルや刀でガチバトル!っていうのはアクション系ラノベとしてこれまた王道ですし。
主人公は完全な素人一般人ではなくて、こういった呪い云々について昔から理解をしているという点も自然でいい感じです。
元から同居していたヒロイン、このはとの合体技なんかも使えますし。巻き込まれるだけじゃなくて受け入れて上げるという感じが温かいです。

で、個人的に一番良かったのは、お話の中にさり気なく仕組まれたトリックです。
いや、普通に読んでて全く予期していなかったので、最後にあの人が裏で色々手を回していたと知ったときに『いい意味でやられた~』と思わされました。
自分の予想通りの展開になっている時も幸せなんですが、それを少し上回る展開を見せられた時が一番読者冥利に尽きるというか、幸せな気分になりますよね\(^_^)/

ラブコメではちょいエロ、バトルではちょいグロ(血の表現とか)、そしてストーリーでの謎とラノベに期待する三大要素がバランス良く詰まった作品です。
絵でピンときた方なら特にオススメですよ~。

スポンサーサイト
プロフィール

gurimoe

Author:gurimoe
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。