--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-08(Fri)

アスラクライン10巻~科學部カイメツ~の感想レビュー(ライトノベル)

・アスラクライン10巻を読み終わったので感想など。
正直タイトルにカイメツとか書かれていましたが、ここまでどん底に叩き落とされるとは予想外でした。
9巻がほのぼの短編集(女装アリ)といった趣だったのもあって、そのギャップにもやられた感じです。
今回は明らかにラブコメよりもシリアスメインですね。

直貴、環緒の正体については、なんとなく以前から予想してた通りの結果だったのでそれほど驚きませんでしたが、今回の直接の敵については、完全に想像の範囲外だったと言わざるを得ませんでした。
そりゃ科學部もカイメツするわ~と感心してしまいました。
確かにその動機や理由の部分については今までのエピソードで棚上げされてましたし、今回行動を起こしたこと自体も強引という訳では無かったかも。
ただ、読者の注意が直貴や環緒に向いているこのタイミングでの急展開に、良い意味で裏切られたというか、してやられた!みたいな感じでした。

ラストがまた次巻への興味をめちゃくちゃ惹きまくっているのが憎いです。
もう二桁の大台に乗ってしまいましたが、シリーズを読み続けている方にはオススメできるお話でした。
というか、これでまた結末でどう締めくくるのか判らなくなってドキワクですね~。
(≧▽≦)ゞ

スポンサーサイト
プロフィール

gurimoe

Author:gurimoe
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。