--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-08(Fri)

あそびにいくヨ!11巻の感想レビュー(ライトノベル)

・最近1巻からまとめて読んでいたのですが、無事に最新巻まで読み終わりました。
月刊コミックアライブの方でコミカライズされていたので、前々から気になっていましたが、『我が家のお稲荷さま。』のアニメ放送で、ラノベ版挿し絵の放電映像先生のイラストも話題ですね~。

ネコミミ宇宙人の美少女がメインヒロインということで、猫属性のある方には特にオススメなのは当然ですが、むしろ、『初めはそれ程ネコスキーでは無かったはずが、この作品を初めから読んでいく間にいつの間にか猫属性持ちになっていた!』という方も多いのではないかと。
カワイいよアシストロイド!
…前フリがかなり長くなってしまいました(^_^;)

本編11巻目にして地球とキャーティアの関係もようやく次の段階へ入りつつあるということで、母船を利用して限定的に交流を深められるまでになってきたわけですが、ここで一気に仲を深めようと、キャーティア側から交換留学の話が持ち上がってさあ大変!
やってきたのは意外な新キャラ!でもサブタイトルは『こねこたちのぎんこーごーとー』という訳で何やら物騒です。
大使の役目も板についてきた騎央ですが、地球初のキャーティア犯罪者を生み出さないような四苦八苦~ってな展開で、やっぱりあそびにいくヨ!らしい賑やかなお話になっていました。

騎央とエリスとアオイの三角関係もますます和やかになっていくのがポイントです。
普通の三角関係と違って、3人で仲良くなりましょうという考え自体も独特ですが、それが決して不自然ではなく、むしろコレが当然という感じに思えてくるのが微笑ましいです。
騎央だけでなく、アオイも仲間で恋人だと言い切るエリスと、照れながらもそれを受け入れられるまでに成長した2人のポカポカした感じが心地良いです。
女の子同士というシチュエーションだと、すぐに百合とかをイメージしてしまいがちですが、もっとピュアな結びつきというか、コレはコレでありかも!と思えるような自然な好意のやりとりが良い感じです。
むしろ主人公である騎央よりも、アオイとエリスの仲の深まり方にドキドキするようになってきませんか?(//▽//)

宇宙人という非日常が、もはや日常と化した状態の中、時にシリアス、時にコメディと両パターンのドタバタが楽しめるシリーズです。
まったりしながら癒されたい~という気分の方に読んでいただきたい作品です。

スポンサーサイト
プロフィール

gurimoe

Author:gurimoe
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。