--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-08(Fri)

デュアン・サークⅡ(セカンド)11巻の感想レビュー(ライトノベル)

・電撃文庫から発売のデュアン・サークⅡ(セカンド)11巻『導くもの、導かざるもの』の感想レビューです。
なんという大どんでん返し!というのが読破直後の印象でした。
てっきりアニエスとルルフェットの恋のさやあて的な演出だと思って楽しみながら読んでいたら、最後のあの展開に対する伏線でもあったわけですか。
なぜ読んでいる最中に気付かなかったのか?と、自分にツッコミを入れてしまうほど王道な展開だとも今は思えますが、アニエスの行動にばかり目がいっていたので、良い意味で裏切られてしまいました。
さすが最終章上巻。コレは続きが気になるわ~というところでお預けですね(^_^;)

お話のあらすじ的には、デュアンに取り憑いた闇魔を倒すために、サヴァランを始め主要なキャラクターが東奔西走する…といった展開で、今までのシリーズを読んでこられた方ならかなり嬉しく感じると想います。
フォーチュンクエストでも出て来る地名などの単語も出てきますし、なかなかに感慨深いです。
で、最近の巻ではデュアンとルルフェットの恋愛感情の動きが繊細に描写されていた訳ですが、この巻の中で、アニエスのデュアンに対する気持ちがひょっとして…恋も含んでる?みたいな展開になっていたのが個人的にかなり嬉しかったです。デュアン自身はルルフェットを傷付けないためにわざわざ離れていったりしているので、どうも本命はルルフェットっぽいな~というのは分かります。
ですが、デュアンサークⅠの1巻から読み続けているgurimoeとしては、「やっぱりヒロインゆーたらアニエスしかおらへんやろ!」(関西風)と思いたいところだったり。
絵が変わる前からの長いつきあいですしね。
クレイ・ジュダへの『憧れ』を『憧れ』として認めた後に、彼女の横にいたのは成長しつつあるデュアン…と思ったら新ヒロインとしてルルフェが出て来るんやもんなぁ…。
別れ際に当たり前のように『はじめてのキス』とかしにいったのに!(オルバがそのくだりを指摘した時には激しく同意してしまいました。)いや、その分次の巻では盛り上がりそうで楽しみなんですが(*^-^)b

次で総計20冊にもなるデュアンの冒険にもピリオドが打たれるということで、歴史を感じずにはいられません。
gurimoeが初めて読んだラノベ(というか、その時はラノベという言葉もまだ無かったと思います)が、同じ深沢美潮先生のフォーチュンクエストだったこともあり、その後のライトノベルを選んだり読んだりする際には少なからず影響を受けているように思えるので尚更です。

そういう訳で、結末を楽しみに待ちたいと思います。Ⅱが終わっても、Ⅲが始まってくれたりしないかな~(^^ゞ
スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

携帯てすと

てすと ...

-

管理人の承認後に表示されます
プロフィール

gurimoe

Author:gurimoe
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。