--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-08(Fri)

乃木坂春香の秘密8巻の感想レビュー(ライトノベル)

・電撃文庫から発売の、五十嵐雄策先生の『乃木坂春香の秘密8巻』をゲットしました。
アニメ放送も始まって、今一番旬になっている作品でもあるので、ご存知の方も多そうですね。

乃木坂春香の秘密シリーズは、ライトノベルとしては毎回分厚い印象ですが、実際に読み始めると、意外にテンポ良くサクサク読み終わってしまう感じです。
やはりメインが春香をはじめとした美少女達との日常のドタバタやラブコメなので、変に構えずほのぼの(あるいはニヤニヤ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:)しながらまったり~と味わっている間に、いつの間にか時間を忘れて読みふけってしまっているからかなと思います。

また、はじめに『キャラありき』な作品のため、登場人物のキャラは初登場時から立ちまくりです。
なので、『この娘ならこの場面ではこうするんだろうなぁ~と思いながら読んでいくと、案の定そうなったww』というな、王道的お約束パターンが好きな方には特にオススメしたいシリーズです。

で、この8巻ですが、通常通りお話は4話立てになっていて、それぞれ春香、美夏、椎菜、そして序列付きメイドさん達のメインの話というように分かれています。
あとがきで五十嵐先生自身が語っていらっしゃる通り、各話事に独立したストーリーになっているので、短編集のようなまとまり方になっているのが特徴です。
その内の春香編については、『電撃文庫マガジンvol.2』で付録としてついた冊子に収録されていたみなとみらいでのデート部分と同じなので、買い逃された方は要チェックです。
既に読んでるぜ!という方は、しゃあ先生によって追加されたイラストを確かめつつ、次の話に進むのもアリかと。
特に付録冊子版には無かった、観覧車のあのシーンで見たかったイラストが追加されているので、忘れずに目に焼き付けるべし(^_^;)。

他にも、乃木坂家の序列上位のメイドさん達とパーティーに参加するお話や、美夏に呼ばれて彼女の通っている女子校の中に入るお話、捻挫で倒れた椎菜を看病するお話などが収録されています。
というか、主人公の裕人と春香の結び付きが既にしっかりしているので、他のメンバーが横から割り込みにくい…という感じで続いていたわけですが、春香の雑誌デビュー(?)をキッカケに一波乱ありそうな次巻以降で、それがどう変わるかが気になりますね。
ガンバレ椎菜p(^-^)q

でもgurimoe的には動きの大きいキャラが好きなので、実は美夏がイチオシだったり。
『みっかみかにしてあげるんだから~』というセリフにはニヤニヤしっぱなしでした。
さすが、オタク心をわかっていらっしゃる(*^-^)b

巻末のキャラ設定では、普段あまり前に出て来ないメイドさん達のラフ絵もばっちり見れて眼福です。
アニメ版でもチラッと登場しないか見とかないと~!

というわけで、天然・純粋培養なお嬢様系キャラが好きな方、是非ともお読みになって見てくださいませ。
1巻から原作ライトノベルをガバッと買うのも、アニメの話題で盛り上がっている今ならアリかと。

プロフィール

gurimoe

Author:gurimoe
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。